• よくあるご質問
  • お問い合わせ・ご相談
  • 店舗・ATM検索

ホーム > 採用のご案内 > 行員からのメッセージ > 平松 尚大

行員からのメッセージ

東岡山支店 2017年入行

平松 尚大

当行に興味を持ったきっかけは何ですか?そして選んだ決め手は何ですか?

当行に興味を持ったきっかけは

自身が生まれ育った土地で、お世話になった方(恩師や大切な友人など)に恩返しできる仕事がしたいと考えたとき、真っ先に、頭に浮かんだのが銀行でした。銀行員になれば、幅広い業界・業種の法人、個人のお客さまに出会えるだけでなく、その方の人生に深く寄り添い、より良い明日を創るお手伝いができると考えたからです。中国銀行を選んだ決め手は、慣れ親しんだ銀行であることに加え、地元におけるプレゼンスの高さ、堅実な経営基盤、広域なフィールドを通じた自己成長の機会などを総合的に判断し、入行を決意しました。

就職活動中に大切にしていたことは何ですか?

就職活動中に大切

就職活動を言い訳にして、他のことが疎かにならないよう、気を付けていました。就職活動は奥が深く、深く掘り下げようとすれば、時間がいくらあっても足りず、時間の経過と共に焦りが増し、大きなプレッシャーが重く圧し掛かるため、投げ出したくなったことを覚えています。しかし、そんなときこそ、平常心を保つために、クラブの練習には毎日通い、授業やゼミにも欠かさず出席するなど、ルーティンを大切にすることを心掛けていました。限られた時間の中で、全てをやり遂げた経験は、入行してからも、大いに役立っていると感じています。

やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

やりがいを感じる瞬間

会社としてではなく、個人として、お客さまに感謝されたときです。転勤が決まり、担当交代の挨拶に伺った際、「平松くんが担当で良かった」、「また帰ってきて担当してくれよ」と言っていただき、心の底から、嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています。時には失敗をすることもあり、自分が担当で申し訳ないと思うこともありますが、お客さまからの温かいお言葉は、仕事をしていく中で何よりも嬉しく、やりがいを感じるものです。

就活生に向けて

就活生に向けて

就職活動は、自分の弱さと向き合える絶好の機会です。計画通りに物事が進まず、周りの優秀な学生に圧倒され、自分の無力さに気付かされることもあるかと思います。時には、辛いこともあるかと思いますが、自分が成長できる大切な期間であると信じて、常に前を向いて頑張ってください。壁は高ければ高いほど、乗り越えたときの喜びは、ひとしおです。皆さんが入行されたときに、尊敬できる先輩でいられるよう、私も日々精進します。是非、中国銀行で一緒に働きましょう。お待ちしています。

ページのトップへ戻る