• よくあるご質問
  • お問い合わせ・ご相談
  • 店舗・ATM検索

ホーム > 採用のご案内 > 行員からのメッセージ > 掛谷 尚史

行員からのメッセージ

平井支店 2016年入行

掛谷 尚史

当行に興味を持ったきっかけは何ですか?そして選んだ決め手は何ですか?

当行に興味を持ったきっかけは

私の親は転勤族でしたので、幼少期から全国を転々とし、小学4年時に岡山に移住してきました。私にとって岡山は、生まれは違うものの、過ごした期間が最も長く、故郷としての強い愛着がありました。業界研究の一環で参加した中国銀行のインターンシップを通じ、愛着のある地元を中心に働くことの魅力を感じ、自身を育ててくれた地元に恩返しできる仕事がしたいと思うようになりました。中国銀行は地域に根差した企業であり、責任と使命を背負い、多種多様なお客さまとの関わりを通じ、地域に貢献できるフィールドに惹かれ、当行を志望しました。

就職活動中に大切にしていたことは何ですか?

就職活動中に大切

限られた時間の中で、後悔のない選択をするために、「事前準備の徹底」を心掛けていました。具体的には、事前に収集可能な情報(HP等)については徹底的に調べ、企業イメージを膨らませた上で、説明会に参加していました。事前準備の徹底により、表面的な情報の取得に止まることなく、一歩踏み込んだ質問をすることで本質的な情報の把握に繋がり、企業理解に加えて自身が働く姿を鮮明にイメージすることが可能となりました。

入行前と入行後で何かギャップはありましたか?

銀行員に対するイメージについてですが、入行前は職業柄、真面目で堅い方が多いと思っていました。しかしながら、入行後に先輩社員と接して感じたことは、入行前に抱いていたイメージとは異なり、ユニークで親しみやすい方が多いことでした。オンとオフの切り替えが早く、勤務中に見せる真剣な表情と勤務後に見せる穏やかな表情とのギャップの大きさに驚かされ、時に別人ではないかと疑うほどでした(笑)

やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

やりがいを感じる瞬間

お客さまから選ばれ、信頼され、感謝されたときに、やりがいを感じます。
住宅ローンの繰上げ返済を目的に来店されたお客さまとのエピソードを紹介します。
お客さまのご要望は繰上げ返済でしたが、繰上げ返済時の手数料を考慮した場合、繰上げ返済を行わない方が総支払額を抑えることができた為、その旨を説明したところ、大変驚いた様子で、「私のために、ここまで考えてくれるなんてありがとう。あなたに相談して良かった。」と言っていただき、私自身も非常に嬉しい気持ちになりました。今では、そのお客さまから、住宅ローンの取引以外にも、資産運用のご相談やご親族の方を紹介していただくなど、継続的な取引をいただいています。

就活生に向けて

就活生に向けて

就職活動は、自身の将来について、人生で最も深く考える機会だと思います。家族だけでなく、友人や企業の採用担当者と積極的にコミュニケーションを図ることにより、未だ気づけていない自身の一面を発見して欲しいと思います。また、就職活動は、業界や業種を絞らずに、幅広く活動することをお勧めします。特に、金融機関は地域の様々な業界や業種のお客さまと関わるため、就職活動時に得た情報を営業活動に活かすことができます。
就職活動では、壁にぶつかり、思い悩むことがあるかもしれませんが、最後は、「何が何でも入社したい、入社するんだ」と思える企業にその熱意を示すことが最も大切だと思います。目先のことに一喜一憂せず、自身としっかり向き合い、最後まで諦めずに頑張ってください。応援しています!

ページのトップへ戻る