• よくあるご質問
  • お問い合わせ・ご相談
  • 店舗・ATM検索

ホーム > 採用のご案内 > 本部行員からのメッセージ > 瀬島 誠二

本部行員からのメッセージ

金融営業部(投資銀行業務) 1995年入行

瀬島誠二
1995年 津山支店(融資係 → 融資渉外)
1999年 岡山駅前支店(融資渉外)
2003年 倉敷支店(融資渉外)
2009年 金融営業部(投資銀行業務)
写真1

●仕事の内容

投資銀行業務 <信託・債権流動化業務担当>
<信託業務>
お客さまの金銭や不動産などの財産を銀行が信託財産としてお預りし、お客さまの目的にしたがって管理・運営、処分をおこなう業務。
<債権流動化業務>
企業の資金調達の手段として、企業が所有している売掛・手形債権などの資産を現金化する業務。

●仕事のココが面白い!

写真2信託・債権流動化業務は、専門性が高くさまざまな知識(税務・法務・財務など)が必要な分野であり、その職務を任されていることに“やりがい”を感じます。
たとえば、信託業務における信託物件の管理業務では240室のアパートの運営・管理を担っており、他部門では経験できない仕事をしています。
また、この業務について自ら起案した企画が当行のお客さまへのソリューションツールとなることもあり、担当としての責任の重さを感じながら緊張感のある仕事ができることに面白味を感じています。

●仕事を進めていく上で求められるスキルとは?

仕事で必要なスキルは、

  • 問題意識を持って物事を奥深くまで追求する探究心。
  • 物事を筋道立てて考える論理的思考力。
  • 何事にも意欲を持って取り組む行動力。
  • 良い人間関係を構築するためのコミュニケーション能力。

であると考えています。

●ワークライフバランス

普段の生活は仕事中心になりがちですが、休日は家族とゆっくり過ごしたり、同僚や友人たちとスポーツをしたりして鋭気を養っています。仕事もプライベートもメリハリをつけることが大切だと思います。

●最後にひと言

写真3銀行には専門的な仕事が多数あり、各分野で自分の可能性を試すことができます。そのためには、何事も受身にならず、積極的にチャレンジしていく姿勢と知識向上を図る努力が大切です。ぜひ、皆さんも自分の可能性を信じてチャレンジできる仕事を見つけてください!

ページのトップへ戻る