法人のお客さま

事例紹介:土地信託(倉敷ライフキャンパス)

平成8年、新しい新倉敷駅前が生まれた。

当行の不動産有効活用の一つである「土地信託」で生まれ変わった好事例、新倉敷駅前をご紹介いたします。

倉敷ライフキャンパス

新倉敷駅前に位置する『倉敷ライフキャンパス』。平成8年3月、くらしき作陽大学を誘致した倉敷市が土地を提供し、当行が土地信託案件として管理運営する安全、安心、快適な240室のワンルームマンションです。

※ 倉敷ライフキャンパスは、倉敷市と当行の土地信託契約に基づき、管理・運営されています。

倉敷ライフキャンパス概要

建築場所

倉敷市玉島1962番地の10、11
JR「新倉敷駅」より南方約900m。
[所要時間] 新倉敷駅まで:バスで約4分、徒歩で約12分

設備(全室防音仕様)

  • 室内設備
    エアコン、留守番機能付電話機、ミニキッチン、IH調理器、電気温水器、クローゼット、シューズボックス、ユニットバス、トイレ、ケーブルテレビ
  • セキュリティ設備
    管理人(常駐)、インターホン、防犯テレビカメラ(敷地内監視システム)

周辺施設

  • 中国銀行玉島北支店(約800m)
  • 本施設周辺には、大型スーパー、ホームセンター、電気店、コンビニ等各種生活施設が揃っています。

 

平成26年9月16日現在

お問い合わせ・ご相談

お近くの店舗で

店舗・ATMのご案内