ダイバーシティの推進

ダイバーシティの推進

ダイバーシティ基本方針

ダイバーシティに取組むことは、経営ビジョンを達成するための経営課題であると位置づけ、「組織内の多様性を受け入れ、その能力や個性を企業経営に結びつけ、企業を成長、進化させること」を基本的な考え方としています。

ダイバーシティから一歩進んだ、多様な人財の違いや個性をお互いに理解して活かし合う(ダイバーシティ&インクルージョン)上で、当行従業員がどのように行動していくかを「ダイバーシティ&インクルージョン宣言」により明確にしています。

中国銀行 ダイバーシティ&インクルージョン宣言

『 人財ファースト 』
〜多様性を認め合い、個の力が発揮できる、新たな企業価値を創出する組織へ〜

私たちは、

  1. 無意識の偏見(アンコンシャスバイアス)の壁を乗り超え、多様な個性、働き方を認め合い、相互理解を深めます。
  2. 個の力を最大限に活かすことができる職場環境の実現を目指し、全従業員がお互いをサポートします。
  3. 一人ひとりが輝き、力を発揮することによって、新たな企業価値を創造し企業成長へと繋げます。

株式会社 中国銀行

 

坂口 有美子
NEXT10推進室 室長

NEXT10推進室の設立

平成27年6月には、お客さまの満足と感動が役職員の働きがいにつながる好循環の形成にむけて、全てのベースとなるCS、ES、ダイバーシティ、「ちゅうぎんの心」を推進していくため、本部内に「NEXT10推進室」を新設いたしました。

NEXT10推進室では、常に次の10年を見据え、CS・ES・ダイバーシティ・「ちゅうぎんの心」を一元的に統括し、各種施策の立案・推進をおこなっております。

中国銀行ではお客さまに満足と感動をお届けするため、グループ役職員がこれまで以上に前向きに、一丸となって業務に取組んでいく方針です。そのためには多様な個性、働き方を尊重するとともに、ワークライフバランスを実現し、強く柔軟な組織とすることが必要不可欠です。

また平成26年4月に、中国銀行グループ全員の行動判断における拠りどころとして策定された「ちゅうぎんの心」を共有し、組織の力を高めていく方針です。

2020年3月31日現在