採用情報

行員からのメッセージ
営業職

山名さん

MESSAGE

広島県出身・2020年入行
担当エリア 広島県

当行に興味を持ったきっかけは何ですか?
そして選んだ決め手は何ですか?

もともとは、大学時代を過ごした関西での就職を視野に入れていました。そのようななかで、身近な地元の銀行であった当行の説明会で「大好きな地元に密着した仕事を行うことで、地域の発展に貢献することができる」と聞き、仕事を通じてお客さまの力となり、地元を盛り上げるお手伝いがしたいという気持ちが生まれました。
就職活動を進めていく中でも、接する行員の方々が親しみやすく、地域とのつながりを大切にしている温かみのある会社だと感じ、「この人達と一緒に働きたい」という思いから中国銀行を志望しました。

就職活動中に大切にしていたことは何ですか?

一喜一憂せず、自分のペースを大切にすることです。就職活動をしていると、周りと比べて焦りを感じたり、落ち込んだり気持ちの切り替えが上手くいかないことがありました。しかし、失敗した時こそ、次に活かせる良い機会という前向きな考えを持つように意識していました。
自己分析、業界研究、面接練習やES対策を重ねれば重ねるほど自分に自信がつきます。努力は絶対に裏切らないので、焦らず自分のペースで軸をぶらさないよう活動していれば、絶対に納得のいく結果につながるはずです。

入行前と入行後で何かギャップはありましたか?

業務内容が幅広く、お客さまのニーズやお困りごとにお応えするための多くの商品やサービスがあることに驚きました。銀行業務というと、預金や融資の印象が強いかもしれませんがそれだけではありません。お取引先同士の商談のセッティングや不動産紹介、資産運用や相続対策の提案など、お客さまの要望に沿った幅広い提案をすることができます。銀行は、地元企業や個人のお客さまの成長を幅広く支援する大きな役割を担っていると改めて感じました。

やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

お客さまに感謝された時、1番やりがいを感じます。
お客さまからコロナの影響を受け、売上が伸び悩んでいるという話を聞き、何か少しでもお力添えしたいと考えました。自治体の補助金制度があることを知り、当行内での他業種の成功事例を紹介した際に、「それは知らない情報だった。でもちゅうぎんは何かメリットがあるの?そこまで調べてくれてありがとう」とのお言葉をいただくことができました。
お客さまのためになることはないか、自ら主体的に考え行動することの積み重ねにより、お客さまとの間に信頼関係が構築されていくのだと実感しました。当行は、幅広いお客さまと取引があるからこそ、地元における情報網が充実しており、他行と差別化が図れているのだと感じました。


※ 所属・役職は、掲載日時点の情報です。

就職活動は自分のことをよく知る貴重な機会です。

就職活動は自分のことをよく知る貴重な機会です。これまでの人生の中で、将来どうしたいのかを漠然と考えることはあっても、とことん自分自身を見つめ直す時間はなかったと思います。人生でもなかなかない経験になると思うので、自分の好きなことは何か、強みは何か、強みを活かせるのはどこなのかをじっくり考えて、自分の目指す道に向かって全力で走って欲しいと思います。
就職活動中は不安に感じることもあると思いますが、リラックスして自分をどんどんアピールしていってください。皆さんの就職活動が成功することを祈っています!

行員からのメッセージ一覧