採用情報

行員からのメッセージ
営業職

小林さん

MESSAGE

香川県出身・2011年入行
担当エリア 香川県

現在の仕事の内容

私は主に中小企業のお客さまを対象に、融資や販路拡大に向けた支援、事業承継など、さまざまなニーズにお応えする法人ソリューションを担当しています。経営者の方との対話を通して、お取引先のニーズや顕在化していない今後想定される課題を把握し、お取引先と一緒に汗をかきながら、伴走型の支援を大切にしています。

仕事のやりがい・面白さは何ですか?

業務の範囲が広く、コンサルティングツールが充実!
お取引先のニーズに対して、本部やグループ会社と連携を図り、銀行の枠を超えた様々なニーズに対してお応えすることができたとき、何よりやりがいに感じます。
また、当行では、広域地方銀行として、地元を中心とした幅広いネットワークも構築しており、お客さまの多様なニ-ズに対応できるコンサルティングツ-ルを活かして、お取引先に合った幅広い提案を行うことができます。

「人」で勝負ができる!
銀行は商品内容や取引条件で差別化を図ることが難しい業種であり、お客さまに選んでいただくには「人」で勝負しなければいけません。私にとって「人」で選ばれることは、やりがいである一方で、難しさも感じます。だからこそ、担当者として、日頃から自己研鑽し、人間力を活かしてお客さまから「人」の部分で選ばれたときは大きな達成感を感じることができます。

今までの仕事で忘れられない思い出は?

当行と融資取引がない企業を担当した際に、何度訪問してもなかなか課題が聞き出せないなかで、粘り強く訪問し、最終的に当行との取引開始に至ったことが思い出に残っています。あるとき、雑談のなかから人材面に悩んでいるというお話をお聞きし、「お客さまの役に立ちたい」という思いから、翌日に人材採用に向けた提案をした際、対応の早さと提案内容に喜んでいただくことができました。この提案以降、会社の資金面だけでなく、事業に関する課題やお困りごとを相談いただける関係を構築することができ、今では当行がメイン行としてお取引をいただいています。
日頃から、お客さまの心を掴むために、「より最適な提案を」、「よりスピーディーに」行うことを意識しています。

仕事をする上で、大切にしていることを教えてください。

私は「情報」を大切にしています。
自己研鑽といっても勉強するだけではありません。仕事をする上で情報は欠かせないものであり、新聞やニュース、書籍等によって、自ら主体的に得るようにしています。今思えば、学生時代は自分の興味関心がある分野を中心に情報を収集していました。
今では、銀行員として、製造業や医療・介護業界など幅広い業界のお客さまと接するからこそ、業界特有の知識や税務・法務知識、マーケット知識など幅広い分野に対してしっかりアンテナを張ることを意識しています。

これからの夢や目標を教えてください!

お客さまの記憶に残り続ける銀行員になりたい!
銀行員は、定期的な転勤がありますが、「銀行員だから」ではなく「人」として記憶に残り、お客さまからいつまでも思い出してもらえるような存在になりたいです。また、当行で働く同僚からも尊敬され、後輩たちの目標となれるよう今後も業務に取り組んでいきたいです。


※ 所属・役職は、掲載日時点の情報です。

お客さまから選ばれ、信頼されたときの喜びは大きく、銀行員として、また個人としての成長を実感できる職業だと感じています。

視野を広げ、情報収集に注力することで、これまでの固定概念にとらわれない新たな出会いや発見に繋がると思いますよ!
銀行の仕事といえば、ドラマのような華やかな姿を想像される方も多いと思いますが、実際に夏の暑い日や冬の寒い日、雨の日でもバイク等に乗っての営業が中心であり、お客さまの信頼を得るために、日々地道な活動が必要です。
業界を問わず、ビジネスにおいて結果を残すためには相応の難しさがありますが、銀行は「人」という商品で勝負できるため、お客さまから選ばれ、信頼されたときの喜びは大きく、銀行員として、また個人としての成長を実感できる職業だと感じています。
就職活動中の皆さんは、まずは視野を広げ、情報収集に注力されることをお勧めします。こうすることで、「モノの見方」が変わり、選択肢が増え、これまでの固定概念にとらわれない新たな出会いや発見に繋がると思いますよ!

行員からのメッセージ一覧