採用情報

行員からのメッセージ
営業職

小野支店長

MESSAGE

岡山県出身・1996年入行
担当エリア 小田郡
役職 支店長

現在の仕事の内容

支店長の仕事内容としては大きく分けると次の3点です。

  • お客さまへの営業活動
    部下と協働しながら、お客さまの課題解決に向けて、個人のお客さまへのライフプランサポート活動や法人のお客さまへの地域応援活動を日々行っています。
  • 職場のマネジメント
    部下の全員が気持ちよく仕事ができるよう、また、成長できるよう、人事管理や指導・教育を行っています。
  • 地域の代表としての役割
    地元の金融・経済関連の代表者として、自治体や企業代表者等とともに、地域活性化や観光推進に向けた議論を行っています。

仕事のやりがい・面白さは何ですか?

私の当行への入社志望動機は「大好きな地元岡山の発展に最も貢献できそうな企業だから」でした。
今でもその思いは変わりません。自分の提案により、法人のお客さまから、「工場が建設できた」「売上が向上した」、また、資産運用サポートにより、「子や孫にスムーズに資産が承継できる」「将来に向けた資産形成ができた」といったお客さまの声を頂戴すると、微力ながら地元の発展に貢献できていることを実感し、やりがいを感じます。さらに、「できるだけ長くここにおってな」とか「絶対にほかの銀行に浮気はせんよ」といったお客さまからのお言葉は何よりの明日への活力です。

支店長の重要な役割の一つが部下の育成です。
とくにこれからの当行や地元を支えていく若手行員に成功体験を積んでもらい、仕事の喜びを感じてもらうことは常に意識しています。お客さまへの提案内容をアドバイスしながら一緒に考えたり、帯同訪問してお客さまと商談したり、ときには、くじけそうになっている子を励ましたりすることで、少しずつ、今までできなかったことができるようになる姿を見ると、我がことのように嬉しいです。さらに、そんな部下から「支店長と一緒に仕事ができてよかった」と言ってもらったときには涙が出ますね。

仕事をする上で、大切にしていることを教えてください。

どんな仕事でも全力投球
どんな内容の仕事であっても、その一つひとつに意味があります。たとえ雑用だと思われる仕事であっても、常に全力投球で、相手の期待を上回ることを心掛けています。スピード感、気の利いた一言、ささいなことでも相手の期待を上回れば、また仕事を任せていただけるものです。

誠実であること
銀行は「信頼」が命です。信頼がなければ、誰も大事なお金を預けようとは思いません。そして信頼を得ようと思えば「誠実であること」が何よりも大切です。そのために「時間には遅れない」「約束を守る」「法律や規則などのルールを守る」など基本的なことを徹底することは常に意識しています。相手の自分に対する「信頼残高」が高まれば自ずと仕事はスムーズに運ぶものです。

一期一会
お客さま、一緒に仕事をする行員など、仕事を通じてめぐり合う全ての人との出会いに感謝です。私は、営業店、本部などさまざまな部支店で仕事をしてきましたが、本当にたくさんの方にお世話になり、尊敬する方にもめぐり合うことで、少しは自分自身も成長することができたと思っています。銀行員は異動が多い職業ですが、それだけ出会う人の数も多いわけで、銀行員の大きなメリットの一つではないかと思います。

これからの夢や目標を教えてください!

一人でも多く「ちゅうぎんファン」をつくること
法人のお客さまの課題解決により業績を伸ばしていただいたり、個人のお客さまのライフプランの実現に向けてお役に立てたりすることで、これからも少しでも地元の発展のために貢献したいと考えています。その結果として、一人でも多くの方が「ちゅうぎんファン」になっていただければ、これ以上銀行員冥利に尽きることはありません。

一人でも多く「ちゅうぎんで働いてよかった」と思える人財を育てること
私はこれまで多くの素晴らしい上司、先輩、同僚、後輩に恵まれたことで、充実した銀行員生活を送ることができ、本当に当行に入ってよかったと思っています。今度は、恩返しではありませんが、私が、「ちゅうぎんで働いてよかった」と思える部下を育てていきたいと考えています。一日の大半を過ごす職場だからこそ、仕事の充実が人生の充実度合いも左右すると言っても過言ではありません。最近よく「ワークライフバランス」という言葉が使われますが、部下の皆さんがまさに仕事もプライベートも充実した人生を歩めるような羅針盤のような役割ができればと思っています。


※ 所属・役職は、掲載日時点の情報です。

頑張れば頑張っただけ報われる組織風土があり、たくさんの素晴らしい「人」がいる「ちゅうぎん」で是非一緒に働いてみませんか。

就職活動はこれからの人生を左右する大きなライフイベントであり、恐らく、これまでの人生のなかでも最大の決断を迫られる局面だと思います。
期待とともにストレスや不安も募る日々を過ごされているのではないかと思います。もちろん、私も就活を行いましたが、今振り返ってみると非常に貴重な経験だったと思います。それは、真に「自分を知る」ことができたからです。恐らく、これほど自分のことを客観的に捉え、深く知ろうとする機会は一生のうちで他にはないと思います。
真剣にとことん突き詰めて自分のことを考えれば、おのずと自分が何をしたいのか、どう生きていきたいのかが少しは見えてくるのではないでしょうか。
最後に、当行にはたくさんの素晴らしい「人」がいます。きっと尊敬できる先輩にも出会えると思います。また、頑張れば頑張っただけ報われる組織風土もあります。
ぜひ、一緒に「ちゅうぎん」で働いてみませんか?

行員からのメッセージ一覧