採用情報

行員からのメッセージ
営業職

河村調査役

MESSAGE

岡山県出身・2006年入行
担当エリア 本部
役職 調査役

現在の仕事の内容

M&A助言業務
M&Aとは、企業合併、買収のことで、複数の法人が一つ(合併)になることや、法人が他の法人を買う(買収)ことを言います。例えば、会社を売却したいA社を、買収したいB社に紹介し、成約に向けた諸問題を共に解決していく業務です。

仕事のやりがい・面白さは何ですか?

M&Aと一言にいっても、その目的は様々です。譲渡企業にとっては、事業承継問題(後継者不足)の解決や業界再編に備えた経営基盤強化が目的であったり、譲受企業にとっては、事業領域の拡大や人材確保が目的であったりと、様々なケースが存在します。
ただ、どのようなケースであっても、経営の根幹ともいえる、重要な経営判断であることは間違いありません。当然、その中での我々の役割は重要であり、ミスリードをしてしまえば、取り返しのつかないことにもなりかねません。
M&Aを成功に導くため、一社一社に、より踏み込んだご支援を行う中で、案件成約までの経営者との濃密な時間を過ごせることが、この仕事の一番の魅力だと感じています。当然、順調にいくケースばかりではありません。先日、成約できた案件は、相談開始から3年経過し、様々な困難にぶつかり、成約を諦めかけたこともありましたが、お客さまに寄り添う姿勢を忘れず、M&Aチームが一丸となって取り組んだ結果、何とか成約の日を迎えることができました。成約のその瞬間は、達成感と安堵感、お客さまからいただいた感謝の言葉で、目頭が熱くなりました。

仕事をする上で、大切にしていることを教えてください。

特に譲渡企業にとって、M&Aを選択することは、長年苦楽を共にした会社を手離すことであり、非常に難しい決断です。事業承継を目的とした譲渡では、M&Aによる第三者への承継ではなく、経営者の親族への承継や、従業員への承継も同時に検討したい経営者が大半です。
そのような中で私が大切にしているのは、事業承継の手法を初めからM&A(第三者への承継)と決めつけないことです。何度も経営者と面談する中で、様々な承継手法を提案し、納得した上で最終的な手法をご決断いただくようにしています。
そうすることで、後悔のない案件着手になりますし、案件を進めていく上でも、信頼関係を築き、うまくリレーションを深めることができると確信しています。

これからの夢や目標を教えてください!

まずは、現在の専門業務であるM&Aの業務知識をより深めることです。特に、ご支援させていただく企業の業界知識を得ることは、案件を進める上で必ず武器になりますし、経営者の信頼獲得に繋がると考えます。今後もより業界知識を深め、自己研鑽に励む必要があると感じ、日々勉強中です。
また、将来的にはM&Aだけに留まらず、あらゆるジャンルの経営課題に対してご相談をいただけるような、経営者のパートナーになることです。私が窓口となり、その企業の課題を俯瞰的に捉え、部内や税理士等の専門家を巻き込み課題解決を図ることで、その企業の真に望む夢の実現に貢献できると考えています。
M&Aそのものは、一時的なご支援になる場合もありますが、それをきっかけにして末永く頼っていただけるような存在、またチームになりたいと思っています。当部には、最先端かつ最適なソリューションを提供できるメンバー、それを全力で支援してくれるフィールドがあり、その強みをさらに磨き上げていきたいと考えています。


※ 所属・役職は、掲載日時点の情報です。

就職活動は何をしたいかだけでなく、ライフプランを考える絶好のチャンスです。

自分がどのような仕事がしたいかをじっくり考えていただくと共に、長期的な視野で自分のライフプランと照らし合わせながら、企業を選んでほしいと思います。
私は夫婦共働きで、二児の子育ても行っています。また、互いの実家の両親共に、住んでいる場所が近く、子育てにおいてもいざという時に助けてもらえるというのは大きいです。そして何より、両親や祖父母と触れ合う機会が多いことは、子供達だけでなく私達夫婦にとっても楽しい生活になっています。地元で働くことは私にとって、とても価値のあることでした。
就職活動は何をしたいかだけでなく、ライフプランを考える絶好のチャンスです。周りの動向に流されることなく、また気負い過ぎず、活動をしてみてください。

行員からのメッセージ一覧