中国銀行からのお知らせ

一覧へ戻る

ちゅうぎんアプリ利用規定改定のお知らせ

平素は中国銀行をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

当行では、令和4年5月16日以降「ちゅうぎんアプリ利用規定」につき一部内容を改定いたします。

なお、改定後の規定を5月16日以降当行ホームページに掲載させていただきます。

1. 改定する規定
  ちゅうぎんアプリ利用規定

2. 改定理由

  • 事業性資金のお取引きにはご利用いただけないことを明記
  • 社会情勢等を総合的に判断し、セキュリティ機能の入替実施

3. 改定内容

改定後改定前

3.利用条件等

  • (1) 利用対象者
    本サービスがご利用いただける方は、ちゅうぎんIDのユーザー登録がある個人の利用者となります。ただし、個人の利用者でも事業性資金のお取引きにはご利用いただくことはできません。

3.利用条件等

  • (1) 利用対象者
    本サービスがご利用いただける方は、ちゅうぎんIDのユーザー登録がある個人の利用者となります。

5.本サービスの機能等

  • (2) セキュリティソフト
    本アプリでは、利用者の端末やアプリを、悪意のある第三者による乗っ取りや不正なアプリから保護するため、ネットムーブ社の提供するアプリ保護サービスを利用しています。お客さまは、以下の事項に同意したうえで、本アプリを利用できるものとします。
  •   ①アプリ保護サービスがネットムーブ社のライセンスにかかるものであることを確認するため、利用者が本アプリを起動した後に、本アプリがネットムーブ社のサーバーに対して通信をおこなうこと
  •   ②本アプリが、アプリ保護サービスのファイル更新のため、ネットムーブ社のサーバーに通信をおこなうこと
  •   ③前各号による通信および利用者の端末更新時等に行われるネットムーブ社の認証サーバーまたはアップデートサーバーへの通信により発生する通信費は、利用者の負担となること

5.本サービスの機能等

  • (2) セキュリティソフト
    本アプリでは、利用者の端末やアプリを、悪意のある第三者による乗っ取りや不正なアプリから保護するため、Kaspersky社の提供するセキュリティソフトである「Kaspersky Mobile SDK」(以下、「SDK」といいます)を利用しています。SDKは、端末のモニタリングと保護をおこない、一定の場合に警告等を表示します。
    お客さまは、「A.データ提供について」に記載された事項に同意したうえで、本アプリを利用できるものとします。
  •    A. データ提供について
    利用者の端末やアプリに対する脅威を把握し、対策を行うことを目的として、利用者の端末におけるSDKの使用状況に関する次のデータ(但し、個人を特定できない統計データに限る)が、利用者の端末から、Kaspersky社に自動送信されます。送信された情報は、Kaspersky社のプライバシーポリシーに基づき管理されます。Kaspersky社のプライバシーポリシーについては、同社のサイトをご覧ください。
  •    ・SDKの有効期限(1970年1月1日よりミリ秒単位)
  •    ・前回のデータ送信以降、リアルタイム防御モニター(RTPモニター)が使用されていたかどうかを示す情報
  •    ・データ送信時点でリアルタイム防御モニター(RTPモニター)が有効かどうかを表す情報
  •    ・前回のデータ送信以降、端末内スキャン(EasyScanner)がおこなわれていたかどうかを示す時間
  •    ・前回のデータ送信以降、URLの証明書の確認が使用されていたかどうかを示す情報
  •    ・前回のデータ送信以降、root化検知がおこなわれていたかを示す情報

SDKが初期化される間、統計データ全体が毎回送信されます。また、SDKの初期化後、少なくとも24時間ごとに統計データ全体が送信されます。その間に、機能の使用状況を示す情報に変化があると、追加のデータが送信されます。
送信されたデータパッケージには、変更されたものも合わせてすべての情報が含まれます。

※ 上記は改定部分のみを記載しています。

一覧へもどる