このホームページについて

  • ホーム
  • このホームページについて

このホームページについて

著作権について

本ホームページに掲載されているすべてのコンテンツの著作権は、中国銀行に帰属するものです。
したがって、それらを無断で使用、複製、改変することを禁止します。

免責条項

本ホームページに掲載された情報または、本ホームページを利用することで生じた、いかなるトラブル・損失・損害などに対して、当行は一切責任を負いません。

また、予告なしに本ホームページは運営の中断、中止や情報の変更をおこなうことがありますが、これらによって生じた、いかなるトラブル・損失・損害に対しても、同様に当行は責任を負いません。

本ホームページから、リンクなどにより外部のホームページへ移動できる場合があります。移動された先のホームページは当行が運営するものではありません。したがって、その内容などにつきまして当行は責任を負いかねますのでご了承ください。

リンクポリシー

外部ホームページへのリンク

本ホームページには、他社が管理する外部のホームページへのリンクが含まれております。
外部のホームページへのリンクについては、原則として新しいブラウザー画面が起動することを示すアイコンを表示し、外部のホームページへリンクをすることを明示する中間画面を設けております。

本ホームページへのリンク

本ホームページへのリンクを設定する場合は、以下の注意事項すべてにしたがってください。
なお、本ホームページへのリンクを設定したこと、またはそれに関連したことによって、万一貴社または貴殿と第三者の間に何らかの紛争が生じた場合でも当行は損害賠償等の何らの義務・責任も負いません。

注意事項

  1. リンク先が中国銀行のホームページであることをリンク元のホームページ上に明示したうえで、リンク元のホームページとは別のウインドウが起動して本ホームページが表示されるよう設定してください。
  2. 当行のロゴマーク等をリンクボタンとして使用することはできません。「株式会社中国銀行」、「中国銀行」等の文字列からリンクするようにしてください。
  3. 以下に該当するリンクは固くお断りいたします。
    ・当行と特別な関係があるように見せかけたり、リンクできること自体をセールスポイントとして営利の対象とするリンク
    ・違法の恐れ、公序良俗に違反する恐れのあるホームページからのリンク
    ・当行の社会的信用を損ない、または当行に経済的損失が生じる恐れのある態様によるリンク
    ・上記に準ずる態様のリンク

コンテンツ・URLについて

本ホームページのコンテンツ(情報、資料、画像等)やトップページ(https://www.chugin.co.jp)以外のURLは、永続的な維持をお約束するものではなく、予告なしに変更することがあります。

利用環境について

推奨ブラウザ

本ホームページは、以下の環境でのご利用を推奨しております。

OSブラウザ
Windows7/8.1/10
MacOS X
iOS10/11
Android6/7/8
Internet Explorer9以降、Edge16以降
Firefox57以降
Google Chrome63以降
Safari11以降
iOS Safari11以降

※ 標準とするOS・ブラウザについては、事前の予告なく変更する場合があります。

※ お客さまのパソコン環境によっては機能の一部をご利用いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

クッキー(Cookie)について

本ホームページでは、セキュリティを確保することやお客さまに適切な情報提供をおこなうことを目的に、クッキー(Cookie)を使用することがあります。

クッキー(Cookie)とは、ウェブブラウザを通してお客さまの端末に一定のテキストファイル(情報)を格納することで、次回以降本ホームページへアクセスされた際に、お客さまを識別できるようにする技術です。

ただし、本ホームページで使用するクッキー(Cookie)には、お客さま個人が特定されるような情報(口座番号、お名前など)は含まれません。

アクセシビリティ方針

ウェブアクセシビリティについて

中国銀行ウェブサイトでは、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」を参考とし、ウェブアクセシビリティの確保と向上に取り組みます。

対象範囲

中国銀行ウェブサイト(https://www.chugin.co.jp/)

目標とする適合レベル及び対応度

JIS X 8341-3:2016 適合レベル A の準拠を目指します。
また、適合レベル AA のうち、下記の達成基準の対応を目指します。

  • 1.4.3 コントラスト
    文字と背景のコントラスト比を4.5:1(文字サイズによっては3.0:1)以上確保します。
  • 1.4.5 文字画像
    ロゴや必要不可欠な場合以外はCSS等で表現し、情報はテキストによって伝えます。
  • 2.4.5 複数の手段
    サイト内検索やサイトマップなど、コンテンツにたどり着くための手段を複数用意します。
  • 2.4.6 見出し及びラベル
    見出し及びラベルは、主題又は目的を適切に説明します。
  • 2.4.7 フォーカスの可視化
    フォーカスインジケータは常に見えるようにします。
  • 3.2.3 一貫したナビゲーション
    リンクやボタンの相対的な順序は一貫させます。
  • 3.2.4 一貫した識別性
    リンクやフォームなど、機能を持つコンポーネントのラベルは一貫させます。
  • 3.3.3 エラー修正の提案
    入力エラーが自動的に検出され、修正方法を提案できる場合、その提案を利用者に提示します。

※ 「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会 ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン」で定められた表記によります。(URL:https://waic.jp/docs/jis2016/compliance-guidelines/201603/)