個人のお客さま

主要ファンド一覧

中国銀行の取扱いファンドは
主に3つに分類することができます。

  • コア(資産安定型)
  • コア(資産成長型)
  • サテライト
コア・サテライト運用の考え方
預金金利以上の運用利回りを目的とする場合には、投資信託などの「価格が変動する商品」で運用する必要があります。
そこで必要以上のリスクを取ってしまうことを防ぐための考え方として「コア・サテライト運用」があります。
コア・サテライト運用とは、安定運用、または中長期に分散投資する「コア資産」と、マーケット環境に応じて積極的に運用する「サテライト資産」を分けて考える運用手法です。
コアとサテライトをお客さまの運用目的とリスク許容度に応じて、バランスよく保有することが重要です。
コア・サテライト運用のイメージ図

コア(資産成長型)とは

世界分散投資による世界の経済成長のリターン

中長期保有
商品一覧

サテライトとは

特定の国・地域や業種のリターン

タイミング売買
商品一覧
お取扱い条件のアイコンについて
  • 店舗窓口
  • インターネット・
    モバイルバンキング
  • 定期・定額購入
    サービス

コア(資産安定型)

ファンド名
分類
運用会社
お取扱い条件
資産複合(標準)型
中銀アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国の株式、公社債および短期金融資産を実質的な主要投資対象とします。国内株式、先進国株式の組入比率を抑えて、安定的な基準価額の上昇をめざすファンドです。実質組入外貨建資産のうち株式部分については、原則として為替ヘッジをおこないません。債券部分については、株式ウエイトマトリクスに基づく、国内株式組入比率に連動して、ヘッジをおこなう部分のウエイトを75%~100%の範囲で変更します。

販売資料(1)

資産複合(標準)型
三菱UFJ国際投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国の株式・債券・リートに分散投資をおこないます。目標リスク水準(=ポートフォリオを構築する際の変動リスクの目標値)を年率標準偏差5.0%とします。外貨建資産については、原則として為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

資産複合(標準)型
東京海上アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
国内の複数の資産(債券、株式、REIT)に分散投資をおこないます。各資産への配分比率は、日本債券70%、日本株式15%、日本REIT15%を基本とします。

販売資料(1)

主に世界の株式、債券、金などに分散投資します。市場環境に応じて資産配分を機動的に変更します。毎月決算をおこない、収益分配方針に基づき分配をおこないます。

販売資料(1)

コア(資産成長型)

ファンド名
分類
運用会社
お取扱い条件
資産複合(積極)型
中銀アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国の株式、公社債および短期金融資産を実質的な主要投資対象とします。<安定型>と比較して、株式相場上昇局面における株式の値上がり益の獲得をめざすファンドで、値動きはより大きくなる傾向があります。実質組入外貨資産のうち、株式部分については、原則として為替ヘッジをおこないません。債券部分については、株式ウエイトマトリクスに基づく、国内株式組入比率に連動して、ヘッジをおこなう部分のウエイトを75%~100%の範囲で変更します。

販売資料(1)

資産複合(積極)型
三菱UFJ国際投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国の株式・債券・リートに分散投資をおこないます。目標リスク水準(=ポートフォリオを構築する際の変動リスクの目標値)を年率標準偏差8.0%とします。外貨建資産については、原則として為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

資産複合(積極)型
三菱UFJ国際投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国の株式・債券・リートに分散投資をおこないます。目標リスク水準(=ポートフォリオを構築する際の変動リスクの目標値)を年率標準偏差12.0%とします。外貨建資産については、原則として為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

資産複合(積極)型
三井住友DSアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国の幅広い資産への分散投資をおこない、中長期的な目標リターンの獲得を目指します。分配を抑制するとともに、投資資金の安定的な成長を目指します。

販売資料(1)

資産複合(積極)型
三井住友DSアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国の幅広い資産への分散投資をおこない、中長期的な目標リターンの獲得を目指します。目標分配率の年3%相当(各決算時0.5%相当)に応じた分配(資金払出し)を奇数月におこなうことを目指します。

販売資料(1)

資産複合(積極)型
三井住友DSアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国の幅広い資産への分散投資をおこない、中長期的な目標リターンの獲得を目指します。目標分配率の年6%相当(各決算時1%相当)に応じた分配(資金払出し)を奇数月におこなうことを目指します。

販売資料(1)

資産複合(積極)型
日興アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
実質的に、世界の株式、REITおよび債券などに分散投資をおこない、収益の獲得をめざします。世界の株式やREITに加えて、株価指数先物取引や国債先物取引などを活用することで、信託財産の純資産総額の3倍相当額の投資をおこないます。

販売資料(1)

販売資料(2)

販売資料(3)

資産複合(積極)型
日興アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
実質的に、世界の株式、REITおよび債券などに分散投資をおこない、収益の獲得をめざします。世界の株式やREITに加えて、株価指数先物取引や国債先物取引などを活用することで、信託財産の純資産総額の3倍相当額の投資をおこないます。

販売資料(1)

販売資料(2)

販売資料(3)

世界の株式、REIT、債券および金の4資産への分散投資により、収益の獲得をめざします。先物取引を積極的に活用し、信託財産の純資産総額の5.5倍相当額の投資をおこないます。

販売資料(1)

販売資料(2)

世界の株式、REIT、債券および金の4資産への分散投資により、収益の獲得をめざします。先物取引を積極的に活用し、信託財産の純資産総額の5.5倍相当額の投資をおこないます。

販売資料(1)

販売資料(2)

国内の複数の資産(債券、株式、REIT)に分散投資をおこないます。先物取引を活用し、信託財産の純資産総額の3倍程度となるように投資をおこなうことを基本とします。日本債券・日本株式・日本REITの各資産への配分比率を70:15:15とすることを基本とします。

販売資料(1)

国内の複数の資産(債券、株式、REIT)に分散投資をおこないます。先物取引を活用し、信託財産の純資産総額の3倍程度となるように投資をおこなうことを基本とします。日本債券・日本株式・日本REITの各資産への配分比率を70:15:15とすることを基本とします。

販売資料(1)

資産複合(積極)型
野村アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界各国(新興国を含みます。)の株式、債券等を実質的な主要投資対象とし、株式、債券、商品等に関連するデリバティブ取引、為替予約取引等を実質的な主要取引対象とします。
リスクコントロール戦略とトレンド戦略の2つの戦略を組み合わせ、世界の資産の成長を捉えながら、相場の異変時には投資配分を素早く変更します。それにより資産価格の大幅な下落の抑制を目指します。

販売資料(1)

SDGs達成に関連した事業を展開する企業のなかから、株価上昇が期待される銘柄を厳選します。外貨建資産について、原則として対円での為替ヘッジをおこない為替リスクの低減を図ります。

販売資料(1)

SDGs達成に関連した事業を展開する企業のなかから、株価上昇が期待される銘柄を厳選します。外貨建資産について、原則として対円での為替ヘッジをおこなわないため、為替変動の影響を直接的に受けます。

販売資料(1)

日本を含む世界各国(新興国を含みます。)の株式等を実質的な投資対象とし、主として中長期的な値上がり益の獲得をめざします。原則として、為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

販売資料(2)

日本を含む世界各国(新興国を含みます。)の株式等を実質的な投資対象とし、主として中長期的な値上がり益の獲得をめざします。原則として、為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

販売資料(2)

ポートフォリオの構築にあたっては、投資アイデアの分析・評価や、個別企業の競争優位性、成長力の評価に基づき選定した質の高いと考えられる企業の中から、市場価格が理論価格より割安と判断される銘柄を厳選して投資をおこないます。実質外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

販売資料(2)

ポートフォリオの構築にあたっては、投資アイデアの分析・評価や、個別企業の競争優位性、成長力の評価に基づき選定した質の高いと考えられる企業の中から、市場価格が理論価格より割安と判断される銘柄を厳選して投資をおこないます。実質外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

販売資料(2)

外国株式型
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日本を含む先進国の株式を主要投資対象とします。ビッグデータやAI(人工知能)を活用したゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント独自開発の計量モデルを用い、多様な銘柄評価基準に基づいて幅広い銘柄に分散投資します。実質外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

外国株式型
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日本を含む先進国の株式を主要投資対象とします。ビッグデータやAI(人工知能)を活用したゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント独自開発の計量モデルを用い、多様な銘柄評価基準に基づいて幅広い銘柄に分散投資します。実質外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジはおこないません。

販売資料(1)

世界の高配当株式への投資とオプション取引を組み合わせたカバードコール戦略をおこないます。複利効果による資産の成長を重視し、分配を極力抑制します。為替変動リスクの低減を目的として、原則として為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

世界の高配当株式への投資とオプション取引を組み合わせたカバードコール戦略をおこないます。毎月の分配実施により資産の定時取崩しニーズに応えるとともに、資産の運用により当該取崩しにかかる受取期間の延長を目指します。為替変動リスクの低減を目的として、原則として為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

世界の高配当株式への投資とオプション取引を組み合わせたカバードコール戦略をおこないます。毎月の分配実施により資産の定時取崩しニーズに応えるとともに、資産の運用により当該取崩しにかかる受取期間の延長を目指します。為替変動リスクの低減を目的として、原則として為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

サテライト

ファンド名
分類
運用会社
お取扱い条件
外国債券型
日興アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
主要先進国(OECD(経済協力開発機構)加盟国)のソブリン債を主要投資対象とします。

販売資料(1)

新興国債券型
大和アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
マザーファンドを通じて、ブラジル・レアル建債券に投資することにより、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざして運用をおこないます。投資する債券は、政府、政府関係機関、国際機関等が発行するものとします。

販売資料(1)

国内株式型
中銀アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日本の株式を主要投資対象とします。
日本の株式を主要対象とします。株式の組入比率は通常の状態で高位に維持することを基本とし、信託財産の成長を図るため積極的な運用をおこないます。

販売資料(1)

国内株式型
アセットマネジメントOne
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
わが国の上場株式のうち、高成長が期待できる「新興企業」の株式を中心に投資をおこないます。東証株価指数(TOPIX)をベンチマークとして、中・長期的にベンチマークを上回る運用成果を目指します。

販売資料(1)

国内株式型
日興アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日本の株式の中から、主にロボティクス関連企業の株式に投資をおこないます。銘柄選定は、日興アセットマネジメントが徹底した調査に基づいておこないます。

販売資料(1)

国内株式型
PayPayアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
主として国内外の株式に投資をおこない、中長期的な信託財産の成長を図ることを目的として運用をおこないます。外貨建資産については、原則として為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

米国の株式を主要投資対象とし、ダウ工業株30種における構成銘柄を参考にポートフォリオの構築をおこないます。今後の経済環境、社会構造に関する見通しを基に、変化に対応し成長が見込まれる投資銘柄を厳選し、30銘柄程度に投資をおこないます。原則として、為替ヘッジはおこないません。

販売資料(1)

外国株式型
三井住友DSアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界の上場株式の中から、AI(人工知能)の進化、応用により高い成長が期待される企業の株式に投資をおこないます。実質外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

外国株式型
三井住友DSアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界の上場株式の中から、AI(人工知能)の進化、応用により高い成長が期待される企業の株式に投資をおこないます。実質外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

外国株式型
三井住友DSアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界の上場株式の中から、AI(人工知能)の進化、応用により高い成長が期待される企業の株式に投資をおこないます。実質外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

外国株式型
三井住友DSアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
世界の上場株式の中から、AI(人工知能)の進化、応用により高い成長が期待される企業の株式に投資をおこないます。実質外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

外国株式型
三井住友DSアセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
主として脱炭素化社会実現に向けた取り組みやイノベーションに貢献する企業、あるいはその恩恵を受けることが期待される企業の株式に投資をおこないます。実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

外国株式型
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
主にテクノロジーの発展により恩恵を受ける米国企業の株式に投資します。為替ヘッジをおこない、為替リスクを低減します。

販売資料(1)

外国株式型
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
主にテクノロジーの発展により恩恵を受ける米国企業の株式に投資します。実質的外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

外国株式型
インベスコ・アセット・マネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日本を含む世界各国のブロックチェーン株式を実質的な主要投資対象とします。エルウッド・ブロックチェーン・グローバル・エクイティ・インデックス(円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指します。実質的外貨建資産への投資にあたっては、原則として為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

日本を含む世界各国のブロックチェーン株式を実質的な主要投資対象とします。エルウッド・ブロックチェーン・グローバル・エクイティ・インデックス(円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指します。実質的外貨建資産への投資にあたっては、原則として為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

世界主要先進国市場のヘルスケア・バイオ関連企業の株式を主要投資対象とします。ファンダメンタルズの健全な企業へ長期的なバリュー投資をおこないます。外貨建資産については、原則として為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

外国株式型
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
米国の小型株式を主要投資対象とし、信託財産の長期的な成長をめざして運用をおこないます。ビッグデータやAI(人工知能)を活用したゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント独自開発の計量モデルを用い、多様な銘柄評価基準に基づいて幅広い銘柄に分散投資します。外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないます。

販売資料(1)

外国株式型
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
米国の小型株式を主要投資対象とし、信託財産の長期的な成長をめざして運用をおこないます。ビッグデータやAI(人工知能)を活用したゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント独自開発の計量モデルを用い、多様な銘柄評価基準に基づいて幅広い銘柄に分散投資します。外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

オーストラリア株式等に実質的に投資することにより、配当等収益の確保と信託財産の中長期的な成長をめざします。

販売資料(1)

新興国株式型
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
エマージング諸国の株式を主な投資対象とし、信託財産の長期的な成長をめざして運用をおこないます。ビッグデータやAI(人工知能)を活用したゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント独自開発の計量モデルを用い、多様な銘柄評価基準に基づいて幅広い銘柄に分散投資します。原則として、為替ヘッジをおこないません。

販売資料(1)

新興国株式型
HSBC投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
中国の証券取引所に上場している株式を主要投資対象とします。

販売資料(1)

新興国株式型
HSBC投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
インドの証券取引所に上場している株式を主要投資対象とします。

販売資料(1)

新興国株式型
HSBC投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
ブラジルの証券取引所に上場している株式を主要投資対象とします。

販売資料(1)

不動産(リート)型
野村アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日本の金融商品取引所に上場されている不動産投資信託証券(Jリート)を実質的な主要投資対象とし、信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用をおこなうことを基本とします。

販売資料(1)

不動産(リート)型
アセットマネジメントOne
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
東京証券取引所に上場する不動産投資信託証券を主要投資対象とします。

販売資料(1)

特殊運用型
大和アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日々の基準価額の値動きがNASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざします。為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジをおこないます。

動画

特殊運用型
大和アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日々の基準価額の値動きがS&P500指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざします。為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジをおこないます。

動画

つみたてNISA専用ファンド

ファンド名
分類
運用会社
お取扱い条件
資産複合(標準)型【コア(資産成長型)】
三井住友トラスト・アセットマネジメント
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日本を含む先進国および新興国の株式ならびに債券に分散投資します。

販売資料(1)

外国株式型【コア(資産成長型)】
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
日本を含む先進国および新興国の株式に投資します。
国内株式型【サテライト】
三菱UFJ国際投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
東証株価指数(TOPIX)と連動する投資成果をめざして運用を行います。
外国株式型【サテライト】
三菱UFJ国際投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)(円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用をおこないます。原則として、為替ヘッジはおこないません。
新興国株式型【サテライト】
三菱UFJ国際投信
店舗窓口 インターネット・モバイルバンキング 定期・定額購入サービス
MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用をおこないます。原則として、為替ヘッジはおこないません。

お問い合わせ・ご相談

INFORMATION

窓口でのご相談
お近くの店舗を探す
テレフォンバンキングセンター
投資信託専用ダイヤル

フリーダイヤルで電話をする0120-234-618

携帯電話からもご利用いただけます。
平日 9:00~17:00
(土・日・祝日・休日、12月31日~1月3日は休業いたします)

ご注意事項

投資信託について
  • ※ 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • ※ 当行で取扱う投資信託は、投資者保護基金の規定にもとづく支払い対象ではありません。
  • ※ 投資信託は委託会社が運用しているもので、当行が運用しているものではありません。
  • ※ 投資信託は、株式・債券・商品など(外貨建てを含みます)の価格の変動をともなう金融商品に投資するため、各市場の変動により投資元本を割込むことがあります。したがって、元本が保証されているものではありません。主なリスクとして、価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスク等があります。
  • ※ 投資信託には、最大3.3%(消費税等を含みます)のお申込み手数料、最大年率2.42%(消費税等を含みます)の運用管理費用(信託報酬)、基準価額の最大0.5%の信託財産留保額、その他の費用(信託事務処理費用、売買委託手数料、借入金・立替金利息、監査費用など)がかかります。
投資した資産の減少を含むリスクは購入されたお客さまが負うことになるため、お取引きによって生じた損益はお客さまに帰属します。
各リスク性金融商品の手数料、費用等の金額および手数料、費用等の全体の合計額およびリスク事項等は、商品ごと、保有期間等によって異なりますので、あらかじめお示しすることはできません。詳細については、当該商品等の契約締結前交付書面や投資信託説明書(目論見書)をよくお読みください。

全ファンド一覧、各ファンド名をクリック後は、株式会社QUICKが提供するサービスページへ移動します。