個人のお客さま

自由満期型定期預金

特長

6か月たてば、いつでも引出しできるのがうれしい。

いつ使うかわからないけど、有利に運用したい!

お預入れは最長5年で、6か月たてばいつでもお引出しできます。預入期間ごとに金利を設定(6か月以上、1年以上、2年以上、3年以上、4年以上、5年の6段階)していますので、お引出しまで有利に運用できます。

ご利用いただけるお客さま個人のお客さま
預入期間最長5年
この預金の全部または一部について、預入日の6か月経過後から5年までの間の任意の日に払戻すことができます。

※ 預入時のお申出により自動継続(元金継続または元利継続 )の取扱いができます。

預入金額1円以上1,000万円未満(1円単位)

商品内容

主なご利用条件

預入方法一括預入
払戻方法預入日の6か月後の応当日以後に一括して払戻します。
預入日の6か月後の応当日以後は1万円以上1円単位で一部払戻しもできます。ただし、お預入れ金額が300万円以上の場合、一部払戻し後の残高が300万円を下回らない金額までとします。
利息適用金利(年利)預入時の店頭表示の利率を解約日または書替継続日まで(最長預入期限5年以内)適用します。
預入期間別に6か月以上、1年以上、2年以上、3年以上、4年以上、5年の6段階で、300万円未満、300万円以上の2段階の金額階層別に金利設定を行います。
利払頻度解約日または書替継続日に一括して支払います。
計算方法付利単位を1円とした1年を365日とする日割計算( 6か月ごとの複利計算 )
手数料かかりません。
付加できる特約事項
  • 自動継続扱いの定期預金を総合口座の担保とすることができます。なお、貸越利率は担保定期預金の約定利率に0.5%を上乗せした利率です。( 約定利率は「5年」の利率です。)
  • マル優の取扱いができます。
中途解約時の取扱い預入日から6か月未満で解約する場合は、解約日おける普通預金利率により計算した利息とともに払戻します。
その他参考となる事項
  • 最長預入期限以後の利息は解約日または書替継続日における普通預金利率により計算します。
  • 利息については、20%の分離課税の対象となります。

    ※ 平成25年1月1日より復興特別所得税0.315%が追加で課税されます。

  • 預金保険の対象となります。

お申込み手続き

お手続きの流れ

当行の店舗窓口でお申込みいただけます。

店舗・ATMのご案内

必要な書類

当行の口座をお持ちの場合

  • お届印、通帳

当行の口座をお持ちでない場合

  • お届印
  • 確認書類
    • 個人の場合(運転免許証、健康保険証、パスポート等)

※ お届印は、ゴム印、インク内蔵型の印鑑はご使用いただけません。

※ 確認書類は有効期限内であることが必要です。

関連資料


平成29年5月8日現在

お問い合わせ・ご相談

お近くの店舗で

店舗・ATMのご案内

お電話で

テレフォンバンキングセンター

フリーダイヤルで電話をする0120-234-273

フリーダイヤルをご利用いただけない場合

086-801-2080(通話料有料)

  • 平日 9:00~20:00
  • 土・日・祝日・休日 9:00~17:00
  • (1月1日~3日、5月3日~5日、12月31日を除きます)